インターネット広告の運用

インターネット広告の運用

リスティング広告

リスティング広告とは
リスティング広告は、GoogleやYahoo!の検索エンジンでユーザーが検索する言葉に連動して表示される広告のことです。ユーザーの関心が高いときに広告が表示されるため、インターネットの広告の中でも費用対効果が取りやすい広告として活用されています。
また、広告内容や予算がコントロールしやすい点も魅力の一つです。

このリスティング広告の出稿の代行を行っております。費用対効果を重視して運用を行います。
1クリックいくらかという指標も大切ですが、「一人のお客様が来店して購買するための広告費」を明確にして運用していきます。
運用を継続すると、「〇〇円の広告費を使うと〇〇円の収益があがる」ということが計算できるようになってきます。そうなると経営的には非常に重要で強力なツールになることは言うまでもありません。

また、検索キーワードを精査することで、購買に結び付くキーワード、結びつかないキーワードが把握できるようになってきますので、SEO対策(自然検索の対策)を行ううえでのキーワード調査としても活用できます。

当社の出稿代行の特徴
  1. 費用対効果にこだわった運用

    広告費を垂れ流すようなことは絶対にしません。収益に結び付く広告運用をポリシーとしています。

  2. 安価な手数料

    当社では広告費の10%を手数料として頂いております。業界の中でも低い水準かと思います。

  3. 契約期間、契約金額に縛りはありません。

    運用会社によっては、期間は〇〇か月以上、広告費は〇〇万円以上のような制限がありますが、当社はそのような制限は設けておりません。「ちょっとだけ試してみたい。」そんな始め方で宜しいと思います。まずは実施してみて、効果を検証してみましょう。

LINE広告

LINE広告とは

日本国内でアクティブなユーザー数が8,000万人以上といわれているLINE上で広告を配信します。
以下の画面で広告が表示されます。(2019年3月時点)

配信するターゲットの年齢・性別・地域・興味関心・配信先デバイスなどをコントロールできるので効率的な運用が可能です。

一番上に戻る